読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy!!!!!

 

 

今更すぎるネタだけど、どうしても書きたくなったから書かせてほしい。何度も何度も下書きを書いては消して『嵐と幼なじみになってみた☆』とか痛さ全開の妄想記事(いつか公開する)に書き換えてみたり諦めて消したりラジバンダリ☆を繰り返しているうちに、なんでこのタイミングなの?ってタイミングで投稿することになってしまった。「え…?お前ん家のカレンダー今何年の何月?」とか聞かないで。2016年の12月です。今日は8日です。

 

 

《注意》

今から書く内容は、あまり細かく触れるつもりはないけど、多少のネタバレが含まれるかと思います。私の記憶、私の目線、私の解釈だからネタバレ…とはまた違うのかもしれないけど、これから参戦を控えていて、ネタバレ回避を頑張ってきた人は回れ右をしてください。

そして。たぶん、というか絶対、この記事の内容は所々"自慢話"に聞こえてしまうと思うんです。私には『いいだろ?』って見せ付けたい気持ちはこれっぽっちもありません。だけど、もし他人が書いた、この記事を読んだら『なにこれ自慢?』ってちょいちょい引っかかると思います、私なら。だから『読んでね!』とオススメはしません。むしろ読まないで欲しいくらい。じゃあ書くな、って話になってくるかもしれないんですけどね。ナハッ。

 

 

 

忠告はしました。この先読むか読まないかはご自身の判断です。これ以上進んで、不快な気持ちになっても私は知りません、ごめんなさい。だって私、止めましたからね!止めてますから!ね!

 

 

 

読むんですか?いいんですか…?ありがとうございます。自己満で自慢話のような話になると思いますがお付き合いください。

 

 

 

 

11月21日、月曜日。"ARASHI LIVE TOUR Are You Happy?"に行ってきました。私はこのコンサートが初めてではないので『嵐って存在するんだよ!生きてるんだよ!』って感想は、今はもう、新鮮な気持ちでは言えない。それは6年前の私が言っています。

 

 

 

 

ひとまず、昨年のJaponismまで話を遡らせてもらいます。これまた今更?って話になるけど、じゃぽは"魅せる"コンサートだったな、というのが1年経った今でも言える感想。細かくて、深くて、一瞬にこだわっていて。ソロなんかも『キャー!〇〇くーん!こっち向いてー♡』なんてノリじゃない。そんなことしたら力尽くで黙らされそうなくらい、どのメンバーも緊張感があり、息を飲み、ただ静かに見守る、そんな印象だった。(あ、N宮くんのソロは『キャー!にのちゃん可愛い!可愛い!キャー!』でしたけどね!でも、冒頭のタップは静かに見守ったでしょ?)メッセージ性が高く、なにか訴えかけてくるものがあり、終わった後『楽しかったね、かっこよかったね』って、在り来りな気持ちを抱える心だけど、どこかに、なにかが刻まれたような、そんなコンサートだったと私は思っている。今をどう生きる、か聞かれたしね。

 

 

 

そんなJaponismから一年経ち、発売された「Are You Happy?」。タイトルが発表されたとき、これまた深いな、と思った。だって、幸せか問われちゃったよ。そんなアルバムを引っさげたツアーは、良い意味で、手抜きだった。…ディスってません、ディスってません!そのカッターしまって!ディスってないですから!手抜き…うん、息抜き…っていうのかな。「今日くらい嫌なこと忘れて楽しもうよ!」「難しいことはなにも考えないで、笑おう?」「みんなで幸せになろうぜ!」って感じの、ただただ楽しいコンサートだった。

 

 

去年、マスクマジックといつものかっこいいダンスを見せてくれた大野さんは。今年も相変わらずかっこいいんだろうなと思っていたのに、ちょっと笑いを取りに来たし。

去年、目の奥に火を灯し、どこまでも深い場所まで堕ちて行った櫻井さんは。シルバニアファミリーのお家の前で眩しい今日と鳥さんにお礼言ってるし。

去年、またぶっ飛んだ新キャラで笑いをとるのかと思いきや、命懸けの技を披露してヒヤヒヤさせてきた相葉さんは。むっちゃスローで平和なヘッドスピンしてるし。

去年、真っ白な衣装で魔法のスティックとキュートなスマイル振り回してた二宮さんは。同じく白の衣装に身を包み、切なく儚く力強いラブソング歌うし。(…あれ?)

去年、何者かから逃げていたセクシーな松本さんは。なんかもう無駄に爽やかだし可愛すぎるし、化粧品のCMだし。シャバダバダバダバダ。

…二宮くん、ソロ曲、去年と今年入れ替えない?今からでも遅くないと思う。ざっくり言うと、みんな、去年と比べると陰から陽なのに、静から動なのに。二宮くんだけ陽から陰だよ、動から静だよ…。相葉くんに至っては陽から陽だし動から動だけど。

 

 

ただ楽しいだけのコンサート、とは言ってもそりゃもちろん、シャカリキにダンス踊る曲もあった。でもやっぱりベースは明るかったな、と。全体的にJaponismと比較して話してるけど、じゃぽが夜ならあゆはぴは昼。じゃぽが冬ならあゆはぴは春。じゃぽがディズニーシーなら、あゆはぴはディズニーランド。じゃぽが微笑みならあゆはぴは大爆笑!ってくらいのテンションの差、みたいな…。

近年(LOVE→)DIGITALIAN→Japonism、とちょっとお堅いイメージのコンサートが続いていたから今回は、良い意味で手抜き息抜きだったな、と思った。ちなみに私はめっちゃ好きなコンサート!セトリも最高だった!いやまじセトリ最高だぜ?!手抜き息抜き言ってるけど、ほんとに、ディスってないから!

愛とは何か、デジタルとは何か(問われてない)、今をどう生きるのか…。これまで、5万人いたら5万通りの答えがある質問だった。一生答えは見つからないかもしれない。でも今年は"貴方は幸せですか?"。これって、難しそうに見えて、実はすごく簡単なんじゃないかな。これは、私がコンサートに入ることが出来たから言えるのかもしれないけど。落選してしまった人は「あなたは幸せか?アァン?どの口が聞いとんじゃボケい。あいむのっとはっぴー!いぇーい!(怒)」ってなってしまうと思うけど。どこかの金髪レーザーさんも言っていましたよね。『人間はどうせ幸せになる』。私もそう思った。自分はこうだから、不幸だ、って自分の中に不幸を探してしまいがちだけど、そこから目を逸らせば、探さなければ誰もがみんなHappyな生き物なんじゃないかな。騒いで、笑って、泣いて、飲んで、食って、また騒いで。ただ生きているだけで、この世に生を受けることができただけで。嵐に出会えたことが、Happyなんじゃないかな、と思った。Are You Happy?の答えはきっと、本当は、Yes!!しかないんだ、と思いました!!!コンサート終わってから!!!

なんかちょっとカッコイイこと言ってる風だけど正直、何言ってんのコイツって、我ながら思ってる!恥ずかしい!

 

 

 

そして、すごい私事なんだけど、ていうか全部私事だし私情なんだけど!

6年前の同じ日、11月21日は、初めて嵐に会いに行った日なんです。初めて、テレビの画面を通さず、肉眼で生の嵐を見た日。『ああ、嵐って存在するんだ…』と涙を流した日。部屋を片付けても3日後には散らかっている、なにかキャラクターにハマってグッズを集めても3ヵ月しないうちに飽きている、なにをやっても長続きしない、飽き性な私が、6年後も同じグループを好きでいるなんて考えてもいなかった。6年後また同じ場所にいるなんて想像もしていなかった。それまで東京ドームなんて無縁の場所でしたからね!嵐という存在に出会ってから毎年、当たっても外れてもドーム行くのが習慣になりましたけどね!

 

 

 

 

こういうのってほんとは割とすぐに『行ってきたよー楽しかったよー!』って報告するものなんだろうけど…冒頭でも申しあげたように、書き直したり諦めたりラジバンダリ繰り返してるうちに、気が付いたらあの日おろしたコンタクトを交換しなくてはならないくらい時間経ってしまいました。前日に処理したムダ毛が目立って来るくらい時間が経ってしまいました。

セトリや演出に触れないように話したけど、ていうか正直コンサート関係なかったと思うんだけど、これだけは!どうかこれだけは言わせてくれ!DRIVEまじシルバニア。(画像参考)

f:id:hrk2038:20161208171545j:image

 

 

何度も書き直した割には中身のない内容だったけど、コンサート終わってから感じた『難しいことはフルシカトのただひたすら楽しいコンサートだったな、幸せだったな。人間誰もが皆、無条件に幸せなんじゃないかな。』って気持ちをどうしても書き残しておきたかった。嵐はまだまだ進化し続けるだろう。どうか振り落とされないよう、これからもついて行きたい。

 

 

いやあ、こういうのって、才能ない人間が語るもんじゃないね、うん。要するにさ…

あゆはぴめっちゃ楽しかった!嵐最高!!大好き!!!アディオス!!!!